2014年03月31日

初優勝を引き寄せた2度のチップイン

「まだ実感が沸いてきません。優勝ってこういうものなんですか?(笑)」宮崎県で開催された「アクサレディス in MIYAZAKI」の最終日。首位の藤田幸希から2打差で出た渡邉彩香が、最終18番(パー5)でイーグルを奪う劇的な逆転劇でツアー初勝利を飾った。グリーンサイドで同期の比嘉真美子、福田真未らに見守られながら、笑顔はじける瞬間だった。

この日、最終組でスタートした渡邉は、スタートホールのティショットを右サイドの池に入れてボギー発進。不穏な立ち上がりとなるも、7番、9番で2つのバーディを奪ってサンデーバックナインを迎えた。藤田に13番でバーディを奪われた時点で最大5打差のリードを許したが、終盤の藤田の失速と、渡邉の猛チャージで1打差に迫り、最終ホールを迎えた。

18番パー5。ここ一番の勝負どころで、ツアー屈指として鳴らすロングヒッターのアドバンテージが存分に生きた。ティショットをフェアウェイに置くと、迷うことなく3番アイアンで放った2オン狙いの第2打は、右の池を避けるようにグリーン左サイドのラフへ。「とにかくプレーオフに持っていきたい」と放った約20ヤードのチップショットはピン方向に転がってカップインし、会場は大きな歓声と、どよめきに包まれた。(ゴルフクラブセット)

「入ればいいなぁと思いましたが、まさか入ってくれるとは思いませんでした!」。カップインの瞬間は高々とガッツポーズを作り、キャディと抱き合って歓喜。一転して1打を追う立場に変わった藤田はグリーン奥からのアプローチを外し、バーディを逃して決着を迎えた。

初勝利を引き寄せたこの劇的なチップインイーグル。渡邉は2日目もほぼ同じ位置からのチップインバーディで最終日、逆転優勝への望みを繋いでいた。「オフで鍛えたアプローチが結果的に優勝に繋がった」。最大の武器である飛距離に加えて上達中の小技が、この日は一層、光りを増した。

多くのギャラリーの歓声と拍手で迎えられた表彰式。「年内にもう1勝。当面の目標はオリンピック出場です」と、次なるステップに向けて20歳は瞳を輝かせる。「最後まであきらめない」という思いの強さが掴んだ初勝利だった。  

Posted by 伊藤麦子 at 18:52Comments(2)TrackBack(0)

2014年03月30日

白梅



今年は例年以上に梅の香りを長く漂わせてくれました。
姿、形、香りと鑑賞の時間を満喫させてくれました。
18年前に名古屋から福岡に移動し、最初に訪れたのが
太宰府でした。昔からの夢であった曲水の宴を見に行きました、
また同時に菅原道真の名句発祥の地として。

東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 
春な忘れそ  

Posted by 伊藤麦子 at 18:27Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月29日

渡邉彩香が劇的イーグルで逆転V

この結末を予想できた人はそうはいないだろう。

 宮崎県のUMKカントリークラブで開催された国内女子ツアー第4戦「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の最終日。首位から出た藤田幸希は前半ショットが切れ1つダブルボギーがあったものの、5つのバーディを奪取し後続を突き放す。追う2位の渡邉彩香は1番でティショットを池に入れボギーとするなど、前半はイーブンパー。ハーフターン時には差は4打に広がっていた。(ゼクシオ8アイアン)

 このまま藤田が逃げ切るかと思いきや、藤田は後半14番からズルズルとスコアを落とし流れは渡邉に。終盤の16番パー3でティショットをピン右5メートルにつけバーディを奪うと、続く17番ではバンカーからのセカンドショットを約1.5メートルにつけさらにスコアを伸ばしていく。

 最終18番を迎えた時点で差は1打、渡邉はティショットをドライバーでフェアウェイに置くと、ピンまで残り219ヤードのセカンドを3番アイアンでグリーン左まで持って行く。「ここを狙っていた」という渡邉は約20ヤードのウェッジでのアプローチがカップに吸い込まれチップインイーグルを奪取。藤田はボギーとし、トータル13アンダーで渡邉が逆転で待望のツアー初優勝を挙げた。

 昨日も18番でチップインバーディを奪っていた渡邉。「今日のほうが奥でしたが雰囲気は同じでした。イメージは良かったですね」と連日のチップインで劇的な幕切れを演出。前半では「厳しいんじゃないか」と心が折れそうになったが、ハーフターン時に「まだ半分ある。少しでも差を縮めよう」と決心。それからは攻めの姿勢を貫き、最後は中学3年から使い始め「こだわりがある」という3番アイアンで優勝を引き寄せ、オフの間に磨いたアプローチで栄冠をつかみとった。(アイアンセット)

 次の目標は「やっぱり2勝目をしたいな」、そして最終目標は「オリンピックでメダルを獲ること」だという。アメリカツアー挑戦も考えているという渡邉、これからが本当に楽しみな大型プレーヤーが大きな一歩を踏み出した。  

Posted by 伊藤麦子 at 16:14Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月28日

カーとサラスが首位タイで最終日

女子ゴルフ、起亜クラシック(Kia Classic 2014)は29日、米カリフォルニア(California)州カールスバッド(Carlsbad)のアヴィアラ・ゴルフクラブ(Aviara Golf Club)で3日目が行われ、米国のクリスティ・カー(Cristie Kerr)とリセット・サラス(Lizette Salas)が通算10アンダーで首位に浮上した。

 前半6ホールで2つのバーディーを奪ったカーはスコアを2ストローク伸ばし、ツアー初優勝を狙うサラスは3アンダーを記録した。

 ツアー17勝目を目指すベテランのカーは、「かなりいい調子で来ている。アドレナリンが出ると自信が持てるの」と語った。(テーラーメイドセット)

 2日目首位のドリ・カーター(Dori Carter、米国)は、2オーバーでホールアウトし、スコアを通算8アンダーに落とした。

 カーターと並ぶ3位タイには、上原彩子(Ayako Uehara)、馮珊珊(Feng Shanshan、フォン・シャンシャン、中国)、そしてアンナ・ノードビスト(Anna Nordqvist、スウェーデン)が並んでいる。

 最終5ホールで3ボギーをたたいた米国のステーシー・ルイス(Stacy Lewis)は、この日を1オーバーで終え、通算7アンダーの7位タイで池恩熹(Eun-Hee Ji、チ・ウンヒ)とチェラ・チョイ(Chella Choi)の韓国勢、米国のレクシー・トンプソン(Alexis "Lexi" Thompson)と並んでいる。
ゼクシオ8
  

Posted by 伊藤麦子 at 22:14Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月20日

失礼しやした



あー、どーも、どーも。 ようこそカカカカカランビンへ~。 ヒューヒュー。
ワイはウォンバットと申しやす。 ところで皆さん儲かってまっか?


ウップス。失礼しやした。ワイの大好きなトウモロコシを食べるのに夢中でム・ゴ・ンになってもうた・・・。
駄目やないか・・・・お客さんほったらかしにするなんてもってのほかやでー。

OK.OK気を取り直して・・・・・ところで最近ジャパンはどないなってまっか?


またまた失敬。 またム・ゴ・ンになってもうた・・・。
いやねー、別にお客さんを無視しとるわけじゃないんですわ・・・。 どうもいかん。 すんませんねー。
でもこのトウモロコシめっちゃいけてんねん。旨し。

なんと説明したらええんやろか・・・。
まー、皆さんの世界で言うならばカニを食べてる時と同じ感じですかな・・・。 

ご理解いただけたやろか・・・。(タイトリスト714アイアン)

満腹満足ありがとー!  

Posted by 伊藤麦子 at 12:50Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月19日

焼き寿司とか素麺梅茶漬けとかそんな感じ。

スーパーで買ってみた

Kiwi Berry。




日本名で「サルナシ」だそうです。

皮のまま食べてみました。

極小毛無しキウィ。




キウィよりも甘いです。結構好きです。
栽培が簡単なら庭に植えたいと思いましたが、
涼しい場所が好きみたいなので断念。

ところで、

美味しいとかそういうのじゃなくて、
「好き」な食べ物とか、
「好きな食べ方」とか、
解ってもらおうとは思っちゃいません。
それがマイウェイ。的な食べ物ってあります。

「そうめんお茶漬け、永谷園の梅に限る」

とか。




翌日に持ち越した握り寿司を
フライパンで焼いて食べるのが好きです。(笑)



これはこれでまぁ、美味しい。

シャリも焼くよ。

明日どれを焼いて食べようなんて思い始めると、
もう、こっちがメインみたいになってしまいます。

それはそれで良いんだけどね。
だってそれがようこ道。(タイトリスト vg3 アイアン)  

Posted by 伊藤麦子 at 16:29Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月17日

越後のゴジラ大暴れ日本文理・飯塚4打点

今秋ドラフト候補で“越後のゴジラ”の異名を持つ日本文理(新潟)のエース右腕・飯塚悟史投手(3年)が大阪でも大暴れだ。19日、大阪・茨木市内で箕面学園(大阪)と近大高専(三重)と練習試合を行い、2試合で3安打4打点を稼ぐ活躍。投げては5回1失点でチームを連勝に導き、投打で上々の仕上がりを見せた。

 第2試合の近大高専戦の1回裏。1死満塁で左打席に入った5番飯塚は決めていた。「チーム的に初球の甘い球を見逃していた。自分が景気づけてやろうかなと思いました」。狙い通り、初球のカーブを思い切り引っ張った。先制点を奪うと、初回5得点の猛攻のきっかけを作った。第1試合の箕面学園戦でも2安打3打点をマーク。本塁打こそ出なかったが、2試合ともしっかり仕事をした。(キャロウェイ xhot アイアン)

 昨秋の明治神宮大会決勝(対沖縄尚学)で放った推定飛距離130メートル弾で一気に注目を浴びた。当時は9番を打っていたがセンバツではクリーンアップに“格上げ”された。3番か5番を打つことが濃厚だ。飯塚も「バットはいい感じに振れているし、ボールも追えています」と自信を見せる。

 当然、狙うは甲子園アーチだ。「新潟県勢では(センバツで)ホームランを打った人がいないので頑張りたいです」と意気込んだ。投げても近大高専戦に先発し、5回1失点でエースとしてもチームをけん引した。“越後のゴジラ”が、センバツで雄たけびをあげる準備を整えた。【和田美保】

 ◆飯塚悟史(いいづか・さとし)1996年(平8)10月11日、新潟県生まれ。兄の影響で幼稚園から野球を始め、直江津ガンバーズでは小4から投手に。直江津中3年で県選抜に選ばれ、Kボール全国大会準V。日本文理では1年夏からベンチ入りし、2年夏に甲子園出場。球種は最速143キロの直球とスライダー、カーブ、フォーク。186センチ、83キロ。家族は両親と兄2人。右投げ左打ち。(タイトリスト ap2 714)  

Posted by 伊藤麦子 at 20:17Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月15日

松井裕で開幕!真っ向勝負に星野監督笑顔

ついに開幕投手の最有力候補に躍り出た。楽天のドラフト1位松井裕樹投手(18=桐光学園)が19日、DeNA戦に先発し、4回4安打2失点、5奪三振と好投。オープン戦の連続無失点は13回で途切れたが、乱れた2回以外は抜群の安定感だった。これでオープン戦4試合すべてで結果を残し、あとは最終結論を待つのみだ。明日21日の中日戦に先発する則本の結果次第では、58年ぶりの高卒新人開幕投手となりそうだ。

 松井裕は試合中に成長した。2回、3球でDeNAの4番ブランコを追い込む。だが「投げる球が決まっていなかった」と迷った。不安なまま投げた128キロのスライダーは真ん中へ甘く入り、左前打を浴びた。そこから四球と連打を浴びるなど2失点。「ボールが高かった」と顔をしかめつつ、打者7人で何とか切り抜けた。(x hot アイアン)

 だが、3回にマウンドに戻ると闘争心をむき出しにした。再び打席に立ったブランコに初球から5球連続の直球勝負を挑んだ。カウント2-2からの7球目。内角へのチェンジアップで空振り三振に仕留めると、大きく胸を張るようにベンチへと走り出した。同じ相手に失敗は繰り返さない。「うまく空振りしてくれた。自分のボールをしっかりコントロール出来れば、勝負になる」と自信を深めた。

 真っ向勝負は星野監督の指示だった。「ブランコに、どこまで飛ばされるか投げてこい、と言ったんだ。ファウル、ファウルにされていたけどコースはよかった」と目を細める。試合中に見せた高い修正能力。打者に向かっていく気持ちと、投げっぷりの良さ。それらすべてが、星野監督の目に留まった。注目される開幕投手争いの現状を、ワクワク顔でこう評した。

 星野監督 松井で開幕なら楽しいじゃないか。1年を考えた時にな。則本で開幕もいい。まあ、まだ時間はあるよ。

 これまで開幕投手候補は則本、美馬、松井裕の三つどもえだったが、「則本VS松井裕」に絞られた。そんな中、松井裕は4試合で16回を投げ、わずか2失点の防御率1・13と結果を出した。一足先にオープン戦最終登板を終え、1歩リードした格好だ。

 対する則本は、21日の中日戦に先発予定。前回15日ヤクルト戦で5回6失点と打ち込まれたが、昨季15勝の実力は抜きんでている。きっちり修正してくれば、2年連続開幕投手となる可能性は十分にある。(ゴルフセット)

 ただ、若い松井裕の勢いは止まらない。高校時代に慣れ親しんだ横浜スタジアムで、初回に3者連続三振を奪う圧巻の立ち上がりを見せた。自己最速を1キロ更新する球速150キロもマークした。「(スピードガンの設定が)緩いからです」と笑ったが、大役抜てきとなっても応えられるだけの力はある。
  

Posted by 伊藤麦子 at 14:48Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月11日

春がきたきた・新ワカメだよ!



筑前大島からこんにちは!


筑前大島も ワカメ取りが始まっています。
このワカメは・・なまワカメ・今が「旬」です(*´∀`)♪

ドレッシング・ポン酢・酢味噌で、ワカメをそのまま食べるとか
他にも、いろんな食べ方が有ります。

このワカメを塩ワカメにしたのを
今の時期に、まとめて買って 私達は冷凍庫へ入れて保存します。

筑前大島のワカメは

「道の駅むなかた」で買う事が できます。


大島の漁師さんがとった ワカメを食べてみらんですか。  

Posted by 伊藤麦子 at 19:45Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月09日

松山、後半巻き返しも34位 謝罪騒動にはフォローの風

キャデラック選手権最終日(9日、米フロリダ州・トランプナショナル・ブルーモンスター=パー72)21位から出た松山英樹は3バーディー、1ボギー、2ダブルボギーの74と崩れ、通算6オーバーの34位だった。72で回ったパトリック・リード(23)=米国=が通算4アンダーで逃げ切り今季ツアー2勝目、通算3勝目。4位から逆転を狙ったタイガー・ウッズは腰痛再発で78と乱れ、通算5オーバーの25位に終わった。

 前半で2つのダブルボギーをたたいた松山だが、後半はボギーなしの3バーディーと巻き返した。「後半少し良くなったので、もう9ホール行きたいくらいだった」と表情は明るかった。(G25アイアン)

 勉強にもなった大会だった。第2ラウンドの13番グリーンでパターをたたきつけてへこみを作り、後続の組にいたイアン・ポールター(38)=英国=に短文投稿サイトのツイッターで批判され、謝罪する騒動になった。

 松山の迅速な対応で事態は収束。逆に「Idiot(バカだ)」とまで書き込んだポールターに対し、「ホールアウト直後に直接言えばよかった」などと非難する声も上がった。

 これも1カ月後に迫った「マスターズ」に向けて貴重な経験。「日本に帰り、マスターズに向けてしっかりと練習できれば」。11日にも帰国し、大舞台に向けて英気を養う。
  

Posted by 伊藤麦子 at 05:36Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月05日

遼19位、3打伸ばすも不満 今田は43位

プエルトリコ・オープン最終日(9日、プエルトリコ・トランプ国際GC=7506ヤード、パー72)27位で出た石川遼は4バーディー、1ボギーの69で回り、通算11アンダーで19位だった。今田竜二(37)=フリー=は73と伸びず、通算7アンダーで43位。67で通算21アンダーとしたチェソン・ハドレー(26)=米国=がツアー初勝利を挙げた。

 石川は3打伸ばしての19位にも不満顔。2年前は2位に入っており、ラウンド後は練習場に直行して暑い中で打ち込んだ。「相性のよかったコースだけに残念な点が多い。どんどんスイングが悪くなっている気がする」。今後は米本土に戻り、2週連続で出場する予定だ。(テーラーメイド sldr アイアン

松山をツイッターで非難したイアン・ポールターとは?

「WGC-キャデラック選手権」開催中に松山英樹に対し、ツイッターでマナー違反をつぶやいたイアン・ポールター(イングランド)。13番グリーンでパターで叩いてくぼみを作ってしまった松山を目撃し「なぜマツヤマはクレーターを直していかないのか。バカだ」などとつぶやいたことは世界中のゴルフメディアから注目を集めた。

イングランド出身のポールターは、2010年の「WGC-アクセンチュア・マッチプレー選手権」制覇や、欧州と米国の対抗戦「ライダーカップ」でMVPに輝く活躍をするなどマッチプレーで無類の強さを発揮する実力者として知られている。日本では「ダンロップフェニックス」で優勝した経験もある。(ピンG25アイアン)

 ツイッターには160万人を超えるフォロワーがおり、たびたび歯に衣着せぬ発言を繰り返すことでも知られている。自身のブランドを持つ独特のファッションはアマチュア時代に石川遼も憧れを抱くなど人気の高い選手だ。今回の騒動では「idiot(バカだ)」という言葉はいき過ぎだとの声も多く非難を浴びたが、その後松山が謝罪して和解。「彼はグッドゴルファー」と語りがっちり握手を交わしている。  

Posted by 伊藤麦子 at 15:21Comments(0)TrackBack(0)